Windows Vistaで中国語の手書き入力

Windows XPの場合は、こちらを見てください

予備知識

Windows Vistaに標準装備されているIME:
・日本語は、Microsoft IME 10 【MS-IME 10】→ 
・簡体字中国語は、MS PinYin IME 5.0 【微軟PINYIN輸入法5.0】=コントロールパネル「入力法の変更」で追加できます。
・繁体字中国語は、MS New Phonetic IME 10 【微軟新注音輸入法10】=コントロールパネル「入力法の変更」で追加できます。

素のWindows Vistaで、Office 2007がインストールされていない場合、上の3つの入力法のIMEパッドは、共通して「IME PAD 10」です。

Office 2007によって導入される日本語IME:
・日本語 Microsoft Office 2007 IME 【MS-IME 12と考えてもいいと思います】→  
このOffice IME 2007のIMEパッドは「IME PAD 12」です。

Windows Vista のみ(Office 2007がない状態=Office 2003以前がある場合も含む)

Hand Writing (CH) を使うことになります。
以下、Windows Vista標準装備のMS PinYin IME 5.0もMS New Phonetic IME 10もすでに追加してある状態で説明します。
1:IMEパッド(IME PAD)を起動します。
Microsoft IME 10からでも、MS PinYin IME5.0からでも、MS New Phonetic IME 10からでも起動できます。IMEパッドのどのメニューを起動してもいいですが、ここでは「手書き」を例に説明します。
2:次に、IMEパッドの画面の左上隅をクリックして、「アプレットメニュー」→「ユーザー設定」を見てください。





↑必要なものを追加します。↑
中国語を手書きで入力したいなら、「Hand Writing (CH)」を追加します。
【選択してから、追加ボタン・削除ボタンで左右に移動できます。】
必要なものを追加してから、「閉じる」ボタンを押します。


以上の設定が終われば、IME PADを起動する際に必要なものが選べます。
「Hand Writing (CH)」を選んで起動すれば中国語の手書き入力ができます。

でも、選択した漢字にポインタを乗せても、発音表示は「注音符号」です。
 

Windows Vista + Office 2007

注意:Microsoft Office 2007 IMEのIMEパッドからは、何も追加できませんから、
必ず、上段で説明しているMicrosoft IMEのIMEパッドから追加してください。
 



 


Windows Vista+MS PinYin IME 2007Office 2007の有無を問わない

1:まず、「MS PinYin IME 2007」=「微軟PinYin輸入法2007」をダウンロードして、インストールします。

ここ【ファイル名:MSPY.msi ファイルサイズ:82.6MB】
【Express版の場合、ファイル名:MSPYExpress.msi ファイルサイズ:21.9MB】
インストールも、アンインストールも、文字化けしないでできます。

※関連するものとして、「微軟Pinyin輸入法2007詞庫昇級服務(2008年3月版)」があります。→ここ
2:上のを入れると、「MS PinYin IME 2007」=「微軟PinYin輸入法2007」から起動するIME PADが新しくなり、IME PAD 12になります。
3:「MS PinYin IME 2007」=「微軟PinYin輸入法2007」からIME PADを起動して、 アプレットメニュー(Applet Menu)→ユーザー設定(User Settings)から必要なものを追加します。中国語の手書き入力は、Hand Writing(ZH-CN)です。これを使うと、文字候補の読みがピンインと声調記号で表示されます。





補足:Office 2007が入っている人はOffice 2007 IMEのIMEパッドから、中国語の手書き入力Hand Writing(ZH-CN)が追加できるようになります。